篠崎陽子(SHINOZAKI YOKO)


愛知県豊橋市出身。桜丘中学校・桜丘高等学校音楽科卒業。
13歳よりマリンバを始める。2008年桐朋学園大学音楽学部打楽器科首席卒業。
「第30回読売中部新人演奏会」出演。
打楽器協会主催、打楽器新人演奏会にて「新人賞」受賞。
2007年  第17回日本クラシック音楽コンクール全国大会入賞。
     安倍圭子、ジブコビッチ両氏によるマリンバマスタークラスを受講。
2008年  JMPMS主催「若き精鋭たちによる打楽器の饗宴」に出演
     第11回"長江杯"国際音楽コンクール第3位入賞。
     第3回安倍圭子国際マリンバアカデミー受講。
2009年  第12回"長江杯"国際音楽コンクール第2位入賞(1位なし)
     第14回国際芸術連盟音楽コンクールマリンバ部門第1位。受賞記念コンサート出演。
2010年  初のソロリサイタルを開催。(東京)
     第44回TIAAクラシック音楽コンサート出演。審査員特別賞受賞。
2011年  ソロリサイタルを開催(愛知)
     中華民国(台湾)建国百周年記念公演「台日若手演奏家復興記念コンサート」出演し、台湾屈指の二胡奏者・廖珮氏と共演。
2012年  服部和彦作曲個展にて世界初演の作品を演奏(東京芸術劇場大ホール)
     ヤマハ音楽振興会主催「音楽活動支援コンサート2012」にアンサンブルグループCafe Happinessとして、奨学金を基にヤマハホールにて演奏。
2013年  尾﨑倫氏とデュオリサイタルをトッパンホールにて開催。
     愛知県豊川市主催公演「若い翼コンサートvol.3 篠崎陽子マリンバリサイタル」にて演奏。
2014年 初のソロアルバム「Nozomi ~明日への希望~」をリリース。
     CD発売記念リサイタルを、豊橋にて開催。
 現在、ソロ活動の他、アンサンブルでコンサートやイベントに参加、テレビ番組のレコーディングや、飛鳥Ⅱにて演奏するなど、東京を中心に各地で幅広く活動中。アンサンブルグループ「Cafe Happiness」に所属。音楽事務所「Az artist」所属。
 これまでにマリンバを安倍圭子、林道代、木村陽子、打楽器を佐野恭一の各氏に師事。